上位下位

昨年、公開された「桐島、部活やめるってよ」を借りてきて見る。

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]


いわゆるスクールカーストというものが、
全編通して描かれているが、後味はいい。
スクールカースト - Wikipedia


スクールカーストはとても複雑すぎて何かを評することもできないけれど、
そのようなものに属さない超越的な存在になろうとしてもそれを許さない空気が何とも手強く、
こういうものをなくすことは、紛争や飢餓を無くすのと同じくらい難しいことなのだろう。



私自身の高校生活は、神木隆之介演じる前田涼也と同じ、
下位に類していたであろうし、彼同様ある程度卑屈に振る舞うことを、
許容することが安全だと考えて生活してきた。
そして、彼にとっての映画同様に、自分の興味あるものを高尚なものだと考えて、
リア充からは、少し退歩して生きていた。


今も、当時同様、
何かそういったヒエラルキーに絡め取られない存在であろうと、
志向しはするけれども、社会構造は高校生とそう大差はないのかもしれない。
私自身がいくらその気になっても世の中はそう捉えないだろうと思う。


その他触れたメディア

DVD:アニメ「新世界より」5巻(11話〜13話)
貴志祐介原作の小説のアニメ版 作りこまれている世界が私の好み。
作画がいまひとつと評されているが、特に気にならない。


BS世界のドキュメンタリー 
オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史
第7回 ベトナム戦争 運命の暗転」
ベ平連等、日本やアメリカで行われたベトナム戦争反対の運動はよく耳にしていたが、
具体的なベトナム戦争の惨状を見るのは初めてで、思った以上に悲惨であり、
まだまだ完了していないし、奥が深い。


今週買った本
内藤廣の頭と手 内藤廣
・世界で一番やさしい断熱 (エクスナレッジムック 世界で一番やさしい建築シリーズ 38)
・内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力 スーザン・ケイン
MBAクリティカル・シンキング改定3版


内藤廣氏の言葉、価値観が似ていると感じる。