VISION

「弱さ」について

学生時代はよく読んでいた「松岡正剛の千夜千冊」久しぶりに読む。 2013年6月18日更新の第1510夜 石川公彌子著「〈弱さ〉と〈抵抗〉の近代国学」 1510夜『〈弱さ〉と〈抵抗〉の近代国学』石川公彌子|松岡正剛の千夜千冊 柳田國男・折口信夫・保田…

「KINFOLK」のCOMFORTな視点

ゴールデンウィークの前半、BSの番組で立て続けに安藤忠雄さんが出演されており、3番組録画して見る。・4/29 BSTwellV 就職を機に世界と人生を考える!BS寺島 月9トーク「ゲスト 安藤忠雄」 ・5/2 BS日テレ 加藤浩次の本気対談!コージ魂!!「ゲスト 安…

発信すること・しないこと

「Nexus7を半年近く使い続けてどうなのか」 という情報を知りたいのにもかかわらず、 ネット上には、買ってすぐ、あるいは買って一週間使ってみた感想ばかりが溢れていて、 結局、欲しい情報にたどり着けなかった。。 レビューをする人は次々、新製品…

脱・単線

昨日も出勤。成人式以降2日続けての休みが取れずにいる。 土曜、配筋検査から事務所に戻ると、自分の書いたホワイトボードの行き先の字体と、 タイムカードの署名の字体にあたりまえのことだけれども統一感があり、 自分らしさを感じる。(おこがましいが藤…

個人的なこと・シンプル・地域・スロー

数週間前から89歳の祖母の足の調子が悪く、引きこもりがちになっている。 とのことで、先週日曜日訪ねる。 玄関は閉まっており、裏の勝手口から入る。 祖母は布団の上に座っており、テレビも照明も付けていなかった。 玄関の前には、アルミの保温材のよう…

本当の豊かさ

久しぶりに土曜日曜出勤。いずれも21時帰宅。よって今日は短めに記す。 25日(金)夜のNEWS ZEROで 山田洋次監督のインタビューを見る。 話されていた内容は大きくは2つ 一つ目は家族のこと 今の家族は、お父さんは残業で帰りが遅く、子供も進…

歌人における「何か」・「前提となる感覚」

このブログを始める前に2008年友人に送ったメールを改めて読み返し、 すっかり忘れていたその内容を改めて考える。 それは面白いエッセイも書かれる歌人穂村弘氏の 真面目な詩歌論「短歌の友人」に記載されている内容。 結局、歌は歌人にしか作り得ない。 歌…

年末年始 読んだもの・見たテレビ

昨年は毎週(52週)ブログを更新することができた。 年末にあたり、一年の書いたものをまとめて整理してみようと思いたったけれども、 キーワドだけすくい上げるという作業でも予想外に骨がおれる作業だとすぐわかったので、 結局あきらめた。 そもそもブ…

選択と無関心

録画したまま見ていなかった 「コロンビア白熱教室@慶応ビジネススクール」 コロンビア大学ビジネススクール教授 シーナ・アイエンガー氏の講義全2回を見る。 彼女は高校時代に全盲になったこと、 (視覚を失うことで大きく選択肢が狭められる) 両親がイ…

スローフードと顔の見える化

スローライフという言葉に興味を持ったのは10年前、 LOHASという言葉に興味を持ったのは5年前、 それぞれ共鳴するけれども、今の生活にどのように落とし込んでいけばよいだろう と模索しつつも行動には結び付けないまま、その言葉自体もあまり聞かなくな…

柳宗悦とアノニマスな革命

大阪歴史博物館で「柳宗悦展」が開催されている。 昨日、午後からの出勤前に少し家を早く出て、立ち寄る。 ホームページを見ていると、こじんまりとした展示かと思われたが、 柳の生涯全般を俯瞰できる展示となっており、思いのほか満足のいく内容であった。…

マルチプル(多様性)な人、社会

26歳の社会学者古市憲寿さんのTwitterで博報堂の雑誌「広告」の発売を知り、ネットで購入。 金曜日、博報堂出版部から直接届き、本日休日出勤(午後のみ)の移動中、 そして帰路に寄ったホリーズ カフェで読む。 「やさしい革命」と題された特集は、本号で…

雨から川へ

もたいまさこさんが出ている映画 「プール」(2009年9月12日公開) 「トイレット」(2010年8月28日公開) 「マザーウォーター」(2010年10月30日公開) を3作続けて見る。「かもめ食堂」「めがね」に続く作品群 監督は同じ人ではないが、どれも同じ世界観が…

ストックを活かす

日本のデザイン――美意識がつくる未来 (岩波新書) 原研哉 平常心のレッスン (朝日新書) 小池龍之介 まじめの罠 (光文社新書) 勝間和代 米国製エリートは本当にすごいのか? 佐々木 紀彦を仕事の帰路購入。 未消化のまま買ってばかりいる。 原研哉さんの「日本…

若いこと、発信すること

文字を追うことが億劫なので、 オーディオ、映像で情報を得る。 「ラジオ版学問ノススメ」(ラジオ版 学問ノススメ Special Edition) 聞きたいもののみをピックアップして通勤時間に聴いた。 内田樹、加藤諦三、高橋源一郎 松岡正剛、柴田元幸、小池龍之介 …

冷たく、暗く、静かなもの

1ヶ月近く更新が滞る。 模試の結果は思いのほか良好であったが、本番は振るわず。 しかし、それが身の丈かとも思う。 先日のブログを更新してからすぐに29歳を迎えたが、 その前日からひどく風邪を引き、会社を早退して一日床に伏し誕生日を過ごした。 そ…

ふつうの国

いくつかのワイシャツの袖がほころび始めたが、 まだ買わないでいる。 先日、タワーレコーズに立ち寄った際、 STREETという雑誌が目に止まり、購入する。 http://www.fruits-mg.com/xnew/j/index.html コラムも評も一切ない。ただただ表紙と同じサイズのポー…

新規性と起源と

ここ数日、意欲が低下していたが、徐々に回復の兆しが見え始める。 朝、週刊ブックレビュー 本日のゲストは、角田光代さん、明川哲也さん、佐々木敦さんという 私好みの人選。選ばれた書籍も琴線をくすぐるものばかりであった。 (三浦しをん「天国旅行」な…

スローを志向すること

辻信一さんのスロー・イズ・ビューティフル」 ダグラス・ラミスさんの「経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか」 を買ったのは2002年の後半のことである。 当時、その思想と、ミニマルなデザインが一つの統一したイメージを持って、 自分…

予測可能性のつまらなさ

帰路、1月に公開されたラジオ版 学問ノススメの池澤夏樹さんの回を聴く。 ラジオ版 学問ノススメ Special Edition 最後の方で、今後のご予定は・という質疑に対して、 軽い感じで、 方針を立てて、計画を作って それを着々と実行するものではないと思ってま…

求めている芸術、頒布される芸術

一日中雨、朝から重い荷物を提げて提案をしに行ったが、 ほとんど益なく終わり、提案はふりだしにもどる。 そのときはその人々の主張は「もっともだ」と、相手の言葉にのまれてしまったが、 時間が経過すると、いろいろな考えの人もいて、それぞれに道理があ…

マズローの欲求階層説とワークライフバランス

夜、風邪の気配がしたので、あわてて葛根湯を飲む。 ●朝方、妙な夢を見る。 アフガニスタンの人々が体育館のようなところにおり、 私は何か援助の手伝いのような仕事をしていて、 彼らに何かを援助をしようとするけれども、 彼らはそれではなく「定住できる…

選択と集中

今朝は4時ごろ目覚めてしまい、そこからしばらく寝付けなかったので、 久々に ■ポッドキャスト「大江麻理子のモヤモヤとーく」を聴く。 郵政民営化と国鉄、電電公社の民営化との比較。 携帯電話・薄型テレビなど電気製品の日本製品シェアの鈍化などについて…

目標をターゲット的にしぼらないということ

●久々に建築系ラジオを聞きつつ出勤した。 9月中ごろにアップされた「坂倉準三展をめぐって」というコンテンツ 合計1時間ほどの対談。 昨日、資格学校の講義中、 「自身の関心事がずいぶんと建築から遠のいてしまっている」とふと思い、 「これではいけな…

欲求の形式 古代と現代の35歳

●昨日購入した「35歳からのリアル」35歳からのリアル作者: 人生戦略会議出版社/メーカー: WAVE出版発売日: 2009/10/22メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 8人 クリック: 148回この商品を含むブログ (30件) を見る昨日の帰宅途中と就寝前に全体的にパラ…

千利休の本を買う。 絶えず歩くこと

●仕事の帰路、 閉店30分前の紀伊国屋書店に立ち寄る。 特にどれを買うでもなく入ったが、 また4冊ほど購入した。 ■1、別冊太陽「千利休」 ■2、美術手帳2009,11「茶の湯の美」千利休―「侘び」の創造者 (別冊太陽 日本のこころ 155)出版社/メーカ…

ロハスとブルーオーシャン戦略をつなげる

連休最終日 ●イメージではイタリアや中国の仏教史跡まで行くつもりだったけれども、 この連休で一番遠出したのは、自転車で20分のブックオフだった。 しかし、こう家にいる期間が続くと、 むしろ安定的にリズムを乱さない生活をし得ることの方が、 価値が…

温故知新とロハス

本日、触れたメディア朝 ■8:30NHKラジオ第2「宗教の時間」 「やわらかな心…形山睡峰」 ・白隠禅師の内観法について ・無比(くらべないこと)と無避(にげないこと)と自由との関係について ・フランクルの「夜と霧」での言葉 私たちがどれほど人生…

ストレングスと批判的な一日

■「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」は 原書では「NOW,DISCOVER YOUR STRENGTHS」であり、 このストレングスという言葉が本書の主張であるのに どうして訳者は噛み砕いてしまったのだろう。 また内容の訳文も自動で訳したような、不自然な言い回しが多く…

世界との距離

■「肌の隙間」という映画の予告をたまたま目にする。 母を殺したひきこもりの青年と自閉症の叔母の逃避行と性交 予告ではそのような内容は確認できなかったが、 その映画のテイストを感じることはできた。 http://www.argopictures.jp/lineup/hadano.html 「…