読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築(見たもの)

建築における意識と、住宅における無意識

先日、(2015年4月11日)京都工芸繊維大学で開催された記念シンポジウム 「村野藤吾の住宅デザイン」を聴講する。 建築史家:藤森照信、建築家:木原千利の基調講演 その後、村野藤吾の図面資料の調査報告会という 14時から18時、4時間渡る長丁…

犬の建築・鬼の建築

先々週に引き続き、JA2013年 07月号「堀部安嗣」を眺めている。 71頁に掲載されているエッセーの中で、中国の「韓非子」が引用されている。 皇帝が宮廷画家に「描きやすいものは何か、また描きにくいものは」と質問をしたところ、 画家は「犬は描きにくく…

素人参加の産業

藤森照信さんの講演会に出掛けた。その中で、補足的に付け加えられた下記の言葉が印象的であった。 建築は近代産業の中で、素人が参加できる唯一のものなんです。 ・誰でも何かやることがあり ・何のために作っているのかがわかる。 このことは文明的にもす…

うみの苦しみ

先日の模擬試験の結果は思いのほか良好。 少し希望が見え始める。 先週に続いて、6時ごろ目覚めてしまい 久々に日経ヴェリタスのポッドキャストなどを聞いて過ごす。 美容室にカットの予約をし、ファッション通信の録画予約をし、 新聞の綿矢りささんの新作…

意図と伝わるところ

●今週水曜、仕事で市役所に行く用事があり、そのまま直帰。 役所に隣接する図書館に立ち寄り、今月の建築雑誌を眺める。 ■新建築7月号、GA JAPAN105 藤本壮介氏による「武蔵野美術大学 美術館・図書館」が、どちらも大きく取り上げられている。 この建物は本…

二川的な見方

1日仕事をし、その後、模擬試験に向けて勉強を進め、 本日、その模擬試験が終了する。 昨日、宮台さんのTwitterで、 「短時間睡眠法」について触れられており、 彼自身、その睡眠の実践者であるようなので、 平日4時間半睡眠、休日7時間半睡眠について調…

建築の微熱

ひとつの作業が一区切りを迎え 昨日の帰路は、だいぶ気が軽かった。 いつもよりも重い重力から解放されると快楽を感じるというのは、 ジェットコースターと同じ原理で単純な仕組みだけれども、 結局は、その繰り返しで日々を過ごしているのだろう。 帰路、日…

Faviconとコンテクスト

結局、一言も発しなかったTwitterのアカウントを消し、 外からTwitterの進展を観察することにした。 タグのサイト名の頭、お気に入り登録時の頭につくアイコンのことを ファビコン(Favicon)と呼ぶらしい。 大和証券や、みすず書房はまだファビコン設定がな…

chromeのextensions

Google Chromeを使い始めてもう1年近くになる。 本日公開されたアップデートを本日更新する。 「はてなブックマーク GoogleChrome 拡張正式版」 をさっそく入れてみる。 英語のページでは、様々な拡張ツールが表示されている。 twitter用のツールもある。Ch…

中江藤樹、twitterのことなど

昨夜2時半ごろ、目が覚めてしまいなかなか寝付けなかったので、 朝いつものようにラジオをつけたが、 ほとんど頭には到着しなかった。 ABCラジオ 9:00■「桂米朝よもやま噺」 昨年夏にもゲストだった棚橋昭夫氏 吉田文五郎氏(1869−1962)が…

世界と建築業

朝、 先週の■ビジョンeをNHKオンデマンドで購入し、 BOPビジネスについて再度、振り返る。 単純に小分けして売るとか、ニーズに合わせて売るとかいう戦略ではなく、 その発展途上国が今後成長した時のシェアをみこして、今のうちにシェアを確保してお…

梅田のビルのでき具合

快晴、風強く、そしてつめたい。 久しぶりに日中に梅田の中心を歩く。 大阪駅その他が以前見たときよりもだいぶ出来上がっている。 新しい阪急のビルは遠景で毎日見ていただけに、その横にある ビルがこんなに変化していたのかと驚いた。 しかしそれは進捗状…

能「藤戸」、茶道、サスティナブルシティのビジョンの不在

いつもの通り、朝ラジオを聴く。■7:30・ブラインド・ロービジョン・ネット バングラディシュの視覚障害者の支援の現状などについて■8:00・ともに生きる 知的障害者がコンビニを利用する際、店員の側に理解、対応の仕方の知識があれば、 コンビニは知的障害…

二重螺旋の家に驚く。

久々に建築の模型を見て「おぉ!」と思う。 私より1つ2つ年下の大西麻貴+百田有希の住宅の計画 これまではフォリーなどオブジェ的なものしか見なかったが、 それを建築にすればこうなるのだということに納得がいった。 見た目だけの話であるが、文脈にズレ…

あこがれのパリ水準

●夕方、出先から別件の打ち合わせまでに時間があいたので、 天満橋の八軒屋周辺の水辺を見て回る。 水都祭に関係なく、若者が広場につどっていたが、 つどっているというよりも、 たむろしているといった印象を覚える。 それは若者のしぐさが不良だからとい…

時間を希釈しすぎる

お盆休みの一日目、 午前、スケジュールの整理、 午後、今月の建築雑誌をチェックするため 図書館へ自転車を漕ぐ。 ●「新建築8月号」「新建築住宅特集8月号」 「a+u」「GA」「ディテール」■新建築、a+uともに集合住宅を特集している。 集合住宅特集は購…

阿部仁史作品集から、形と地方を考える

●ここ2カ月、かなりの時間を割いた一級建築士の学科試験が昨日終わり、 ぎりぎり滑りこめたか、あるいはぎりぎり達しなかったかくらいの点数であった。 家を出るとき鍵を閉め忘れたかどうかを何度も気にする心理と同じく、 マークシートに正しく転写できた…

アウエルバッハ邸のバウハウスらしさ

●体調がかんばしくない。 午前、父の仕事の手伝いに行き、 午後、自身の仕事に向かう。20時帰宅 問題集を解く作業、本日で一区切りとする。 会う人ごとに、勉強の調子について聞かれる。 「先月は250時間した。まあ結果が伴わなければ意味がないが・・…

安藤忠雄展と中古のAXIS

会社へ出勤する。 ●昼、吉野家で生姜焼き定食を食べたが、 アレルギー成分表示には表示のない卵がおそらく(とても微量)混入していたようで、 直後からお腹がずっしりと重くなる。 先日、初めて処方してもらった副作用の強いエンペラシンという薬を服するも…

伝統的であるかどうかはどうでもよい

あたらしいサイクルの一日が始まる。 よく晴れた一日であったが、それは窓から見るばかりで、 一日、家の中で過ごす。 ●先日(5月23日)触れたスローフードという考えについて、 内田樹さんが疑問を呈している。 食における創造とは何か。 食文化とは「不…

谷口吉生・臭いのデザイン

●今週は月曜から水曜まで8時に帰宅できたが、 ブログに時間を割くこともはばかられるので、 多忙な時と変わらない更新ペースとなった。 昨日、一昨日は会食のため終電で帰路に就く。 家にいるといろいろ気がそれてしまうので、 図書館に資格試験のテキスト…

ストレングスと批判的な一日

■「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」は 原書では「NOW,DISCOVER YOUR STRENGTHS」であり、 このストレングスという言葉が本書の主張であるのに どうして訳者は噛み砕いてしまったのだろう。 また内容の訳文も自動で訳したような、不自然な言い回しが多く…

朝日に匂ふ山桜花

●午前中は、住宅の物件の役所中間検査 午後はある物件の開発等の工程表作成と別の物件の実施設計の手伝い。 作業的にはまだまだ終わりが見えないが、 先日の件もあり、8:40ごろ早々に帰路に着く。 帰路の電車で ■角田光代「空中庭園」の「ラブリーホーム…

土曜 カット 伊東 タワー

朝、昨日の就寝が遅かったため、じっくり眠ろうと思ったが、 カーテンのない部屋であるため、結局はNHKの朝ドラの時間には起きてしまった。 そのあと、録画していた ■「プロフェッショナル・仕事の流儀 伊東豊雄」を見る。 内容はよいものであったと思う。 …

青木スクールと伊東スクール

明日も出勤 雨が降り始めた帰路、電車内で ■「「建築雑誌」2008年8月号 建築ガールズパワー」を読む。 永山祐子さん(1975年生まれ)と その妹の永山紀子さん(1980年生まれ)へのインタビューを読む。 二人とも青木淳事務所の4年間を経過して…

のどと気管の中間くらいから咳が出る。 今日も一日、マスクをしていた。 建築家 永山祐子さんが気になったが、 彼女のページは重く、今日は立ち入ることができなかった。 (ブラウザの不具合) かわりに無関係であるが ARTiTのページをパラパラと見ていた。 …

縄文土器とスキーマ

昨日より風邪を引き、 葛根湯・眠るという療法で対処 ひきこんではいない。熱もでていない。 ■「1995年以後」5人ほどランダムに読む、 松川昌平氏、 000studio ドミニク・チェン氏、 http://dividual.jp/ 大西麻貴氏 大西麻貴 + 百田有希 中村拓志氏 Hi…

光のどけき 春の日 

帰路、北新地を通り抜け、ジュンク堂へ向う。インターナショナル・スタイル (SD選書 139)作者: ヘンリーラッセル・ヒッチコック,P.ジョンソン,武澤秀一出版社/メーカー: 鹿島出版会発売日: 1978/01/01メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (4…

偏執狂的なほどに

「悪の栄えた試しなし」ということわざがあるが、 現在の不況のもと、様々なものが「やっぱりそれは道徳的にもまずかったのだ」と 否定されている。 書店の棚には、マルクスを再評価する本が増えてきている。 ●住宅の物件の設計検査があったが、 設計者の目…

ピアノのビルとスローへのシフト

今から8年前の2000年11月新建築臨時増刊 「20世紀の技術と21世紀の建築」で ■レンゾ・ピアノにNYタイムズ本社ビルという計画があることを初めて知った。 そのビルが、いつの間にか完成し、 今度は売却されるのだという。 The New York Times Building 上記…

箸にも棒にも

風邪のような症状は、毎週末気が緩んだ時に襲う。 花粉から来る症状なのかもしれない。 テレビ東京系列で放送された ■「ソロモン流」の録画を早回しで見る。 アトリエ天工人の山下保博の特集 造形美的な思考ではなく、プログラムを解くように建築が製作され…

売るための家

朝、7時に目覚める。布団の中で■建築系ラジオ 「建築家インタヴューシリーズ第1回 山本理顕」 (建築家2.0──建築・都市・社会 その2 ル・コルビュジエから金融危機まで) http://tenplusone.inax.co.jp/radio/ 再生▲を聞く。 不動産ファンドは、結局住む人の…

夢の中の家

●最先端で、かつ私でも共感できる建築が石切神社の参道商店街に作られた夢を見る。 その家は、平田晃久さん、藤本壮介さん系の家であり、 また、篠原一男さんの「谷川さんの別荘」のようでもあった。 夢から覚めて、どんどんその印象が薄らいでいる。 昔、こ…

安藤展

消防の再検査、現場へ行く。帰路、昼休みの時間であったので、2月11日から始まった ■安藤忠雄建築展「挑戦-原点から-」を見るため本町まで向う。 内容は、ほぼ下のYouTubeの内容のとおり先日、1995年ごろの安藤建築について記したが、 その部分は今回の展…

OMAのビル燃える

中国のテレビ局ビルが炎上したというニュースは 昨日の朝の報道で知ったが、それ以降のテレビ報道は目にする機会が無かった。調べると単なる隣のビルではなく、夫婦のような関係となるビルであったようである。 焼け残った写真を目にした一般の人はこのビル…

D & D

Diener & Diener Architektenの作品は、 これまでの建築のように雑誌で垣間見るだけでは、 わからない。そこに彼らの建築の価値があるのだという。展示の図録や作品集が作成されないのはそういった理由からとのこと。 それも一理あり。

遠くのDiener

■スイスの組織設計事務所 Diener & Diener Architekten の展覧会が東京オペラシティで開催されているという。 あるサイトでそのことを知り、ネットで調べてみたが、 この情報に関しても建築系ラジオで展覧会レポートがなされており、 1時間近く、日本人所員…

形態と機能は密接ではない

再び、にわかに忙しい。 昨日も今日も家に着くと23:15を超えていた。 帰路、再び高橋堅氏の住宅特集のコピーに目を通す。 一昨日よりも理解は深まった。■2007年1月の「形態の意味論」という論考について簡単に要約する。 ・「形態は機能に従う」と…

見た目が似ていることはどうでもよく

●昨日見積の整理をした物件の減額対象項目について打ち合わせ、 本命の工務店が明細があまりに大ざっぱなので、他者の見積の項目のみを渡し 拾い忘れが無いか確認させることになった。 帰路、 ■「SDレビュー2008」を眺める。 審査員の富永譲氏も述べられ…

タカハシ・ケン氏について調べる

●現場とそれとは別物件の見積書の比較・整理に一日を費やす。 現場では植栽の面積の検査を受ける。 敷地面積の15%以上という厳しい条件のため、 無理な植え方をしている箇所も多くあったが、問題なく済みそう。 ●先日「似合うもの - 心象図録」で言及した…

正業と建築家的なこと

●資格学校に行き14:30から19:55まで授業を受ける。 これが誰かの講演会であれば3人は演者は変るだろうが、 構造担当の講師は朝9:00から教え続けている。 終始声量が大きい。 ●ある衝動におそわれ 「建築ノートNo06」、「SDレビュー2008」…

電通と建築家

本日は大阪市役所と民間審査機関に行った以外は事務所内で過ごす。 なじみの杭屋さんが営業に来られたが、こちらも紹介できるような物件がない。帰路、建築系ラジオをまた聞く。 ■中村拓志さんのインタビュー 比較的内容が充実していた。 建築家と広告、商業…

野武士と西沢氏

本日も消防検査のため現場を往復した。 移動中、建築系ラジオを聞く。「平和な時代の野武士たち」 (槇文彦氏の論文で取り上げられた1941年前後に生まれた人々)世代の建築家についての討論などを聞く 石井和紘氏、相田武文氏などについて言及。 ●帰宅後、爆…

移動と音楽

●批判しておきながら、本日も移動の4時間ほど建築系ラジオを聞いた。 今まで大して音楽を聞きたかったわけではなかったのだと思った。 乾さんの本、隈研吾の自然な建築、ヴェネチアヴィエンナーレについて、 スティーヴン・ホールとメルロ・ポンティについて…

建築と発信

●仕事に一区切りつきそうなめどがたち、 こころにだいぶゆとりが生まれだした。 建築計画の最後の工程である植栽の計画の影響で、 街を歩いていても樹木の下草ばかり目に付く。 ●ひさびさにポッドキャストを利用した。 「建築系ラジオ」という五十嵐太郎氏ら…

義政以前 建築の潮流 フォード以後

足利義政の方は90ページまで読みすすめる。多くの文章は、車内で読む際、読み進めることよりも眠気の方を優先させて閉じてしまう場合が多いが、この本はそれが無く(英文を訳された文であることも一因であろうと思う)この調子でいけば完読できるだろう。 …

ヒルトンと東山文化

現場監理の日、 会社への帰りに寄り道をし、 先日増床されたというヒルトン大阪ビル内のジュンク堂へ行った。 同じビル内には、シャネルやエルメスをはじめとした高級店舗が並んでいる。 当然、内装も凝っており、ステンレスや石やレザーの使い方、そして照…

堀部安嗣氏の講演会メモ

11月5日に行った講演会の内容を忘れないためメモしておく ■現存するただ一人の錬金術師のはなし 現地まで取材に行くテレビ番組を見た。現れた錬金術師は思ったより若い男で「何か見せてくれ」と依頼する取材陣に対して「ここでは見せることはできない」と…

堀部氏講演会、プロテスタンティズムな建築

夕方5時過ぎ、大阪ガス主催の堀部安嗣さんの講演会に行く。 堀部安嗣氏の講演会メモ - 心象図録 8時過ぎ会社に戻り10:20まで労働 堀部氏のスライドの中でル・トロネ修道院の写真が最後に映されたが、 前回記した酒井健氏の「はかなき聖性」の関心を持っ…

不動産不況・建築写真・明恵上人

2015年の建設・不動産業作者: 立松博史,榊原渉出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2008/07/24メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 43回この商品を含むブログ (4件) を見るを購入。 帰路の車内で目次をじっくり読む。 目次だけで満腹感がある。 不動産…