読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネー

世界と建築業

朝、 先週の■ビジョンeをNHKオンデマンドで購入し、 BOPビジネスについて再度、振り返る。 単純に小分けして売るとか、ニーズに合わせて売るとかいう戦略ではなく、 その発展途上国が今後成長した時のシェアをみこして、今のうちにシェアを確保してお…

自壊したのか

法令集に付箋を付けたり、ラインを引いたりの作業と、 年賀状の印刷をする。 昨日は、帰路ブックオフに立ち寄り、 5冊ほど購入する。以前、早朝のラジオ(東京FMの阿川佐和子さんの番組)で その存在を知った塩沼亮潤阿闍梨の本「人生生涯小僧のこころ」 …

Pump It

連休三日目 ●午前中から午後3時ごろまで、 今までの収入と支出の計算をする。 57ヵ月労働し、収入ののうち 20%が資格学校への授業料に 29%が貯蓄と投資に 30%が消費に 14%生命保険や家への入金に 3%がリーマンショックで評価損に 残り4%…

デジタル化の一日

連休一日目 関西圏にある美術館での企画展をチェックしてみたが、 興味ある展覧会は見受けられなかったので、一日家で過ごす。 ●お盆休みに購入したscansnapを活用し、 午前は新聞の切り抜きファイル「宗教・哲学関連」をPDF化 午後はデジタルカメラに移…

文七元結を聞く

●問題集を解く日々が続いている。 進歩はしているがこの進歩の度合いで1か月で合格レベルに達するのかは知らぬ。 昨日は、役所手続きのあと、図書館で問題集を解く。 ノルマを終え、雑誌を閲覧する。 2009年5月6日のブログで新建築社の3冊を酷評した…

ipod、エコファンド

快晴、寝不足。 13:45出勤し、19:00帰路につく。matohuの特集が掲載されているファッションノート03を購入 MDをデジタル録音する方法をいろいろ試み なんとかよい音質で録音することに成功する。 しかし、簡単に入手できる音源をわざわざマイク…

TOYOTA

日経ヴェリタスを購入し始めて9週目になる。今週の特集はトヨタの海外戦略である。 グラフで見ると1995年の奥田会長になってからの成長は目覚しい。 しかし、今後の先行きは不安定。 GMはさらに厳しいという。 自分はといえばもう2年近く車を運転し…

ZEYKO

ZEYKO(ツァイコ)のキッチンについての説明を受ける。このドイツのメーカーは日本では、「何て読むの?」という存在であるが、ドイツではポルシェなどの高級車に乗る方々向けのキッチンとして有名であるらしい。(メーカーの方は、外車に例えて説明してくれ…

業界研究「建設」

建設 (日経文庫―業界研究シリーズ)作者: 高木敦出版社/メーカー: 日本経済新聞社発売日: 2006/11メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 13回この商品を含むブログ (3件) を見る日経文庫:業界研究シリーズ「建設」を早朝4:30 蝉の声の開始よりも早く読む…

建築会社の出日本

日経ヴェリタスの特集は、 日本では需要が飽和状態になった分野の企業が、 次々とアジアに進出し売り上げを伸ばしているという記事。家電量販店、おむつ、化粧品、ゼネコン 土木部門にいたっては受注の半分近くが海外になってきている。・現地の協力業者の確…

利益の方程式

勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─作者: 勝間和代出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2008/04/04メディア: 単行本購入: 10人 クリック: 291回この商品を含むブログ (151件) を見る「利益の方程式」を購入する。 タイトルは彼女の他の本よ…

その後のその後のロハス

本日も夜の「しあわせロハス」を見る。 本日の特集はSHIHOさんではなく。 フラワーアーティストの東信(あずままこと)さん。 ちょうど2年前のNHKトップランナーに登場された際にも見ていた。 フラワーというよりも植物 出来上がる作品はミドリミド…

欲望のデザイン

4年前の読売新聞の特集「しあわせ論4:柳澤桂子」に、 興味深い実験が掲載されていて、今でも記憶に刻まれている。 編集しつつ引用すると ラットの脳の中隔野というところに細い針のような電極を埋め込んで、 ラットがレバーを押すと、短時間電極に電気を…

欲する心と消費経済

昨日の内容とは対象的に「欲しない」という話昨日のテレビ東京系列の久米宏の番組で、 「今の20代はいろいろなものを欲しないらしい」という調査結果を示していた。 欲しないものとしては・ 車に乗ること、所有すること ・ お酒を飲むこと ・ 娯楽としての…

投資信託

勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」を読んで一週間経たない今年の1月21日 大和證券に口座を開設し運用をはじめました。 テレビ東京のWBSを毎日見る程度、経済に関心を持った時期もあったのですが、 経済の机上のゲーム的な部分に対し、長く罪悪感…

エコ・ファンド

小学生の私が「学研の科学」を読んでいたときから、(15年前) 環境問題はさかんに取り上げられてきたと思うのですが、NHKの「地球に触れる エコ大紀行」や エコ・ファンドの定着など、 エコという概念が多くの社会の要素と急にリンクしはじめた気がし…